リサイクルトナーはコスト削減に最適備品~様々なメーカーから選ぶ~

プリンター

正しく使用してコスト削減

相性にも注意して使用する

プリンター

メーカーの純正トナーカートリッジとリサイクルトナーカートリッジとの違いの1つがリサイクル品の場合は相性問題が出やすいということです。これは使用されるトナーカートリッジの種類が元々メーカー純正と違っていたり、使用するトナーインクの品質の違いなどが要因です。 相性問題が出ると、ローラーが紙に巻き付いたり、トナーの寿命が縮まったりといったトラブルが起きる可能性があります。このためリサイクルトナーカートリッジを使用するときには相性にも注意する必要があります。 このような相性問題を避けるためにできる事として、使用している複合機やプリンタのメーカーはもちろん、型番形式についても対応しているリサイクルトナーカートリッジのみを使用することや、リサイクルトナーの推奨使用回数を超えて使用しないといった対策があります。

カートリッジ回収も容易に

レーザープリンタはインクジェットプリンタに比べて印刷コストが安いというメリットがあります。さらに使用するトナーにリサイクルトナーカートリッジを用いる事でコストを一段と下げることが可能であり、印刷コストを気にする人に大きな人気となっています。 またリサイクルトナーカートリッジが人気の理由はこれ以外にもあります。その特徴からリサイクルトナーカートリッジは、空カートリッジを回収する必要があり、これがユーザーの負担となっていました。しかし近年は無料で宅配便で引き取ってくれたり、トナー回収ボックスが様々な場所に設置されるようになり、簡単にカートリッジ回収ができるようになりました。 値段の安さと回収が容易となり、使い勝手も良くなったことが最近のリサイクルトナーカートリッジの人気の要因です。